紫蘇ジュースでもできる!親勉の実験

この度の豪雨により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
連日の報道により被害の全容が明らかになるにつれ、その深刻さに胸が痛みます。
一日も早い災害復旧をお祈りいたします。
また亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。


昨日、地元で梅干し用に赤紫蘇を買ってきました。

私の地元は京都の田舎ですが、赤紫蘇が有名でこの季節になるとそこらじゅうの畑に赤紫蘇が出現します。

毎年梅干しを漬けるので近所の農家さんから赤紫蘇を購入するんですけど、いつも多めに買って「赤紫蘇のジュース」も作ります。

さっぱりとして、暑い夏に飲むとほんと美味しいんです。


今年も美味しく出来上がった赤紫蘇ジュース。
ガラスのコップに入れて飲もうと思った時に、フッと「これはアナウンスのチャンス!」と思いました。


早速息子君に、先日参加した親勉ラボ「化学」の実験をしてみよう!と誘ったら、

「ええやん!ええやん!やろやろ!」

とノリノリ(笑)



あ、ちなみに京都人は「形容詞を続けて言う」と言われてまして
「今日は、暑い暑いな」とか「これ小さい小さいで」とか「もう、怖い怖いねん」とか。
何んでか2回言うんですよ。

同じ関西弁でも、京都、大阪、神戸って特徴があるんです。
どうでもええ話やけど・・・(笑)



まずは、リトマス紙を赤紫蘇ジュースにつけてみると「酸性」であることがわかりました。
(そらそうやろ・・・クエン酸入れるからね😉)

ほなこれに10円玉を入れといたらどうなるかな?
キレイになるかな?
汚れてくるかな?





息子君 「わからへんけど、キレイな10円玉と汚れてる10円玉両方いれてみよ。」

てなわけで、このまま1時間ほど放置。

で、その後取り出して洗ってみると


息子君 「わぁーーーー!どっちもキレイになってる!ピカピカになってる!」
私 「すごいなぁ♪」

と、この日はこれだけ。

で、キレイになった10円玉はそのまま画用紙に乗せて置いとく。
翌朝、みてみたら若干酸化して黒ずみ始めてる。

息子君 「あれ?何か昨日と色変わってきてへん?」
私 「ほんまやなー。何でやろな?帰ってきたら調べてみよか?」
息子君 「せやな!!」

と、バタバタしながら学校に行きました。
ほんとは、この後すぐに一緒に調べられるとよかったんやけどね。

これで帰ってきてから自分で調べてくれるようになったら言うことないのですが、そこは7歳男子。

たぶん、朝の会話なんて全く覚えてないと思うので帰ってきたらもっかいアナウンスしてみよう♪


毎年夏の訪れを教えてくれる「赤紫蘇ジュース」もすっかり親勉教材となりました♪
日常のちょっとしたことでも、親の見る目を変えるとなんでも教材になってしまいますよ。


親勉無料メルマガについて

小室尚子先生が理事を務める「日本親勉アカデミー協会」では、

『遊ぶように勉強し、日本の未来を創っていく子どもたちを増やす』

ことを活動理念とし、遊ぶように楽しく勉強する家庭学習法を提唱しています。


まずは全国1万2000人以上に読まれている小室尚子先生の365日無料親勉メルマガをご覧ください♪
小室尚子先生のメルマガはこちら


私の子育ての悩みに寄り添い、サポートしてくださったシニアインストラクターの岡崎奈美さんの無料メルマガもおススメです♪
「自分を大事にできるようになる!お母さんサポーターおかなみのメルマガ」